検索
  • 斉藤健一(さいけん)

英語を話せるようになるには...〇〇と〇〇を持て!


こんにちは!代表の斉藤です。


今日はこんなお悩み相談をもらったので、ここでお答えさせて頂きます!



「英語を喋れるようになるには、どんな勉強をすればいいですか?」












お答えしましょう!




まず、「勉強」というコトバだけで英語学習を語っている以上

一生喋れるようになりません!


人によって「勉強」の定義が違うかもしれませんが、

たいていの場合、「勉強」とは机の上で覚えたりペンを動かしたりすることを指しますよね?


そういった「インプット」もちろん重要なのですが、インプットを続けていれば

いつか自然と口から英語が出てくるなんてことはないでしょう。


実は少し前まで、第二言語習得理論の世界でも「インプット仮説」といって、

「アウトプット(話すこと)は習得の結果なのだから、外国語習得の練習はインプットだけで大丈夫。」なんて言われていましたが、


最近はインプットに加えて、


「アウトプットの機会も必要」


と言われています。


そう、「勉強」に加えて


「アウトプットの機会をもつこと」が大事なんです!



英語を喋らざるをえない環境に身をおくことが好ましいですが、

日本国内の日常生活の中でそれはかなり困難です。


なので、自分でそのような環境を創出する必要があります!



ネイティブスピーカーの友達を作ってもいいですし、

日本人の友だちと英語で話す時間を作る、とかでもいいです。


アウトプットの機会は必ず定期的にもつようにしましょう。

(できたら毎日、最低でも週に2回!)



機会が定期的にあれば、その時だけではなく、習慣的に

「これ、英語でなんて言うだろう・・・?」と考えたり、ただ英語をインプットしている時にも自分にあてはめて「自分ならこういう時にこの単語使うな」と考えたりするようになります。


これを「(脳内)リハーサル」といいますが、

実際に英語を話している時間よりも、このリハーサルの時間の方が重要とさえ言われています。



でも、「習慣的にリハーサルをしましょう!」

と言われてもなかなかできないので、


やはりアドバイスとしては「リアルな人間と英語で話す機会を持ちましょう!」


となります。

※ 「リアルな人間と」が重要です。テレビに英語で話しかけても成果は出ないです。様々な実験で明らかになっています。




まとめると、


インプットは必要だが、話せるようになるためには、加えてアウトプットの機会を持ち、

リハーサル習慣を持つことが必要


ということです!



今は色々なオンライン英会話サービスがあるので、そういったものを是非利用してみて下さい!




*個人的にはネイティブキャンプ (NativeCamp.)オシです!

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示