検索
  • 斉藤健一(さいけん)

「英会話力」もUPする!?英語ライティングのすヽめ


最近よく「自由英作文を見て下さい」と言われるようになったので、

あわせて自分自身でも毎日ライティングをしています。


英語を書く練習は、本当におススメです!


確かに母国語だと、話す練習としてわざわざ「書く」ことはあまりしません。


しかしそんな母国語でも、「書く」ときがありますよね。



代表的なのは「結婚式のスピーチを頼まれた時」です。



学生だとピンとこないかもしれませんが、

「全校集会で生徒の前で挨拶するよう頼まれた時」をイメージして下さい。


ほとんどの人が、まず「書く」はずです。なぜでしょうか。



なぜ、「話して」と頼まれたのにまず

「書く」のでしょうか。



それは


「書く」ことで、話す内容や順番を視覚化して内省したいからです。


「この順番だと分かりにくいなー」


「この言葉の方がいいかなー」


「このたとえは無駄だなー」


視覚化してウ~ンとうなりながら、ブラッシュアップしていきたいんですよね。


母国語なんだから、そんなことしなくても大丈夫、っという訳ではないです。


なぜならほとんどの人にとって、大衆の前でのスピーチというのは


不慣れなことであり、


間違ってはいけない状況であり、


普段使わない言葉遣いを強いられる場であるからです。


この


「不慣れ・間違ってはいけない・普段使わない言葉」


3つが揃ったら、母国語でも崩れますよね。


流暢性は失われ、文法も崩れ、声は小さくなり、ぐだぐだになってしまいます。


だから書いたり一人で予行練習したりして準備するんです。


これって、英語を話す状況と似ていませんか?


多くの人にとって、英語を話すというのは、

不慣れだし、間違えにビクビクしてるし、普段使わない言葉を使うということ。


なので、準備しましょう。


母国語だって準備する時はまず「書く」んです。


「書く」ことが、英会話の準備にもなります。



もちろん書いただけで終わってしまうともったいないので、


英語を話す機会を作り、(オンライン英会話などで簡単に機会は作れます!)

「このテーマで話そう」と前もって決めて書いて準備しておく。


それを試して反応を見て、会話終了前に原稿を見せて

発音や文法などをチェックしてもらい、修正してまた別の人に試す…。


この繰り返しです。


僕の場合はアカデミックライティングなので、原稿をネイティブチェックだけして終わる時もあります( Poligoという添削サイトを10年くらい使っています)が、


スピーキングを集中的に鍛えていた時期は、


書く英語話者Aに話してみるそのまま添削してもらう訂正したもので練習英語話者Bに話してみる


をひたすら色々なテーマで繰り返していました。



「話せるようになりたいんだから書いても意味がない」と思っていた人!


ある程度内容があることを話したいのなら、書いて練習すること、おススメですよ!